ホームに戻る本となかよしのページへ

分類:科学・技術

へんしん だいずくん

へんしん だいずくんしぜんにタッチ!
監修・料理制作 中山章子
監修 荒木俊充 日本納豆協会連合会 日本豆腐組合
ひさかたチャイルド ;

 ころ ころ ころ ころ ・・・ ぼく だいず――だいずを散らばしただけの最初のページの、なんとかわいいこと! 普通に使っている食品なのに、急に特別の親しみを感じてしまいました。
大豆を土に巻くと・・・芽が出てどんどん伸びていき、白い花をつけたあと緑色のさやができます。このあたりまでは枝豆としてなんとなくわかるのですが、それを取らないでおくと秋にはすっかり枯れたような茶色になり、さやがはじけると、これが大豆なのですね。
 これからが大豆の、だーーーい変身! 豆まきのマメになったり、お正月のお餅にまぶすきなこになったり、朝ごはんの納豆、味噌汁の中のお豆腐、それに味噌そのものも。数え切れないくらい色々なものが大豆から作られます。大豆は昔から日本人にとって欠かすことのできない、大事な食品だったのですね。これからも、大切にお付き合いしていきたいものです。
 さて、だいずがどのように変身するのか、ゆっくりご覧ください。

科学読物研究会     小川真理子