ホームに戻る本となかよしのページへ

分類:技術

棚田を歩けば

棚田を歩けば福音館の科学シリーズ
青柳健二文・写真
福音館書店 ; ISBN:978-4-8340-2253-7; (2007年03月01日)

表紙の写真は、山間に広がる緑のじゅうたんを敷いたかのように青々とした棚田と、青い空と白い雲の、思わずぼーっと眺めていたくなるような清々しい景色です。
ページをめくると、日本全国の棚田を10年間撮り続けてきた著者ならではの鮮やかな写真が、棚田の一年を綴っていきます。棚田は、山や川に囲まれた豊かな自然の中で作り上げた芸術作品のようです。
その美しい風景は、澄み切った空気やゆっくりと流れる時間やしんとした静けさを運んできてくれるようです。田植えをするおばあさんやおじいさんの表情、田んぼにいる生き物の姿、ほんの小さなお米の花、子どもたちが作った案山子、どれも私たちの心を和ませてくれます。
巻末には、お米のできるまでの詳しい解説や、アジア・アフリカのダイナミックに広がる棚田の紹介も出ています。日本の棚田の総面積は約22万ヘクタールで、水田全体の8%でしかないそうですが、それぞれの写真が日本のどこで撮影されたかも出ていますので、実際にその景色を自分の目で確かめてみたくなるかもしれません。
写真をじっくり味わいたい絵本です。読み聞かせにも使えます。    
                

科学読物研究会     古屋ちえり