ホームに戻る本となかよしのページへ

分類:科学・技術

科学の目で見る特殊車両

科学の目で見る特殊車両子供の科学★サイエンスブックス
小倉 茂徳著
誠文堂新光社 ; ISBN: 978-4-416-21103-8(2011-02-23 )

 電車のほかにおなじみの乗り物、自動車にもいろいろなものがあります。消防車や救急車、パトカーなどはよく知られていますが、今回はそのほかにもたくさんある特殊車両をくわしく紹介した本です。
 パワーショベル、クレーン車、ブルドーザーなど工事・建設現場で働くクルマ、トラクター、耕うん機など農場で働くクルマ、はしご車、高規格救急車など暮らしの安全を守るクルマ、そして観光バス、キャリアカー、タンクローリーなどものを運ぶためのクルマと全部で32種類もあります。それぞれの特徴とそのはたらきをするためのしくみが豊富な写真とイラストで説明されています。なかにはコンクリートポンプ車(高所に生コンを送る巨大注射器!)とか、消防ロボット(遠隔操作で障害物を取り除くためのアームがついている)など初めて見るクルマなど珍しいものも。
 このような特殊車両ができるためには、科学や機械の発達が欠かせなかったし、最近は自然の智恵から学んでできたものもあります。たとえば狭くて平らでない場所でふんばることができるカニクレーン車は、生き物のカニの足を真似してできました。また、タクシーに乗る時に客席側のドアがふわりと開く自動開閉ドアは日本で独自に開発されたってこと、知っていましたか。こうした日本人の細やかな心配りのしくみが海外に輸出されています。そして自然に優しいこれからのクルマとして脚光を浴びているのが、太陽の光で走るソーラーカーです。これは来週ご紹介します。

科学読物研究会     福田晴代