<% datafile=Server.MapPath("guest.dat") For Each item In Request.Form dat= dat & Replace(Request.Form(item),vbCrLf,"
") & ":::" Next If Replace(dat, ":::","") <> "" Then Set ObjFSO=Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set ObjTS=ObjFSO.OpenTextFile(datafile,8,True) ObjTS.WriteLine dat & now ObjTS.Close Set ObjTS=Nothing Set ObjFSO=Nothing End If %> 和菓子のほん ホームに戻る本となかよしのページへ

分類:科学・技術

和菓子のほん

和菓子のほんたくさんのふしぎ傑作集
中山圭子 文  阿部真由美 絵
福音館書店 ; ISBN: 978-4-8340-2304-6(2008年01月20日)

この本を読んでから、子どもと、和菓子屋さんの前を通るたびに、ショウウインドウをのぞくようになりました。そこには、季節の和菓子が置かれています。手のひらにのる小さなお菓子に日本人の自然によせる思い、願いが表現されています。その美しさに、子どもも興味を持ったのです。               
和菓子は、あじさい、桜、紅葉、雪など、四季折々の自然の姿を表現しています。桜ひとつとっても、つぼみのときには「ひとひら」、満開のときは「花見桜」、散っていくさまは「花いかだ」など形ばかりでなく美しい名前がつけられています。              
年中行事と結びついた和菓子もあります。読んでからは、行事に必ず和菓子を用意するようになりました。              
和菓子の材料は何でしょう?どうやって作るのでしょう?どんな香りがするのでしょう?何を表現しているのでしょう?300年前にはどんな和菓子が作られていたのでしょう?知っているようで知らないことが多くありました。 美しくておいしそうな和菓子の絵がいっぱい描かれています。子どもと読むと、「これが食べたいな」とか、「いい名前つけているね」と1つ1つのお菓子をじっくり見て楽しむので、じゅうぶん間を取って、ゆっくり頁をめくったほうがよいでしょう。              
和菓子は、おいしいだけでなく、日本発見のおもしろさがあります。この本で美しい国日本を味わってください。              

科学読物研究会     吉長 聡子