<% datafile=Server.MapPath("guest.dat") For Each item In Request.Form dat= dat & Replace(Request.Form(item),vbCrLf,"
") & ":::" Next If Replace(dat, ":::","") <> "" Then Set ObjFSO=Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set ObjTS=ObjFSO.OpenTextFile(datafile,8,True) ObjTS.WriteLine dat & now ObjTS.Close Set ObjTS=Nothing Set ObjFSO=Nothing End If %> いのちの夢 ホームに戻る本となかよしのページへ

分類:社会

いのちの夢 −難病の子どもたちが願ったこと−


いのちの夢
矢貫 隆 著
草思社 ; ISBN: 978-4-7942-1357-0 ; (2004年11月01日)

 「メイク ア ウイッシュ」という団体をご存知でしょうか。難病のために長く生きられないかもしれない子どもたちの夢をかなえるという世界的なボランティア団体で、この本には、その日本支部「メイク ア ウイッシュ オブ ジャパン」によって夢をかなえた7人の子どもたちが紹介されています。
 「野生のイルカと泳ぎたい」という夢を実現させた少年は、抗がん剤の副作用で口内炎がひどく、固形物を食べられない状態だったのに、イルカと泳いだ直後にはハンバーガーを食べられるようになっていたそうです。その後、白血病の再々発も乗り越え、元気になったとのこと。このように、夢をかなえることで奇跡的に回復した子もいれば、結局死んでしまった子もいます。けれども、どちらにしても、夢がかなった時の喜び、命に与える輝きは共通しており、夢がどれだけいのちを支えているかを感じられます。
 残念ながら、この本にはルビがほとんどふってありませんが、内容的には小学校高学年から読むことができます。同じような内容の『夢がかなう日 その時輝いた7人の子どもたち』(清水久美子著 偕成社 2002年)という本もありますが、より印象が強く、カラー写真も豊富だったので、小学校6年生向けのブックトークではこちらを紹介しました。「メイク ア ウイッシュ オブ ジャパン」のHP(http://www.mawj.org/)を見ると、これらの本以外にも、絵本などさまざま出版されているようなので、年令にあわせて選んでみてはいかがでしょうか。

科学読物研究会     伊藤紀久子