<% datafile=Server.MapPath("guest.dat") For Each item In Request.Form dat= dat & Replace(Request.Form(item),vbCrLf,"
") & ":::" Next If Replace(dat, ":::","") <> "" Then Set ObjFSO=Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set ObjTS=ObjFSO.OpenTextFile(datafile,8,True) ObjTS.WriteLine dat & now ObjTS.Close Set ObjTS=Nothing Set ObjFSO=Nothing End If %> おもいの ホームに戻る本となかよしのページへ

分類:数学・物理・化学

おもいの?かるいの?物理の絵本

おもいの
山神次郎 著 坂木浩子 絵  中村純 監修著
数研出版社 ; ISBN978-4-410-13901-7; (2007年5月)

 物理の本と聞いてあとずさりする必要はありません。小学生低学年の子どもがいたらいっしょに読みたいなあと思ってしまうほど、やさしい色とシンプルな絵で書かれたとても読みやすい本です。「てこ」「しごと」「あつりょく」「とうしゃ(投射)」「じゆうらっか」「かんせい(慣性)」「ねつのいどう」「かがみ」「ふりょく」「ごうりょく」「でんち」「ばしょとじかん」の12個の独立したお話で構成されています。
「ねつのいどう」では火山から吹き出た岩と大雪山から転がった岩がぶつかり、熱い岩は冷たく、冷たかった岩は暖かくなってしまいます。もう岩の温度はもとには戻りませんでした。このお話は、熱は高いものから低いものにうつることを教えています。お話の続きに少し詳しい解説がついています。子どもにとって不思議な現象に出会ったとき、そこに隠れている物事の間に起こる法則についてわかることはとても大事なことです。法則を知ると、これから起こることを予想したり過去のことを調べたりすることができるようになるのです。情緒的に自然を愛することができ、またさらにその自然の中に存在する美しい法則を理解することができたとき、子どもたちはきっと感動するにちがいありません。この本は子ども達が最初に出会う物理の本になるかもしれません。

科学読物研究会     森 裕美子