ホームに戻る本となかよし

分類:地球・宇宙

自然がつくるアート

自然がつくるアートびっくり、ふしぎ写真で科学E
ガリレオ工房/編
大月書店 ; ISBN: 9784272404360 ; (2004/3)

 雪と氷はどちらも水の結晶、固体です。でも、見た目はずいぶん違いますね。雪は気体、つまり水蒸気が、水という液体にならずに一気に固体になったものです。氷は液体、つまり水が固体になったものです。この本には、雪と氷の結晶のちがいが、きちんと説明されています。また、雪の結晶と氷の結晶が、それぞれきれいなカラー写真で紹介されています。しかも、雪の結晶や透明な氷の結晶の作り方ものっています。どちらも、家庭の冷凍庫で作ることができます。るので、自分で確かめることもできます。特に、雪の結晶は、中谷宇吉郎という実験科学者が1936年に、世界で初めて人工雪を作ったときと同じような方法でつくります。ぜひ、試してみてください。
 この本には、赤インク、人工甘味料、重そう、ブドウの酸味(酒石酸)、ビタミンC(アスコルビン酸)の結晶の写真ものっています。氷やこれらの結晶の写真は、偏光板(光の向きをそろえる板)にはさんで写真をとっているので、とてもきれいな色が見えます。また、水に落とした牛乳の渦や煙の渦、プランクトンやホコリやカビの拡大写真など、自然がつくるみごとな形や色が、写真でたくさん紹介されています。見ているだけでも、自然の美しさ、巧みさが楽しめる本です。御家族で楽しんでください。

科学読物研究会     坂口美佳子