「科学あそびだいすき第1、2集−子どもと楽しむ手引−」1300円/1500円

「科学あそび」それは身近にある材料や道具を使って、楽しく遊びながら自然界の不思議に感動し、科学のおもしろさを体験することです。子どもたちに科学を好きになってほしいと思ったら、一緒に「科学あそび」をするのが一番です。子どもたちと試してみたい方にこの本をおすすめします。第1集には31種、第2集には46種類のアッと驚く楽しい遊びを集めています。
 空き缶とストローでかんぶえができます。中に入れる水の量を変えると音の高さが変わります。水が多いと音は高くなる?低くなる? 子どもたちに人気の高いのが食べ物を実際に作ってみるあそびです。ポップコーン、わた菓子、カルメ焼き、とうふもバターも楽しみながら作って、食べて、科学してみましょう。そのほか光、音、水、力、空気、植物や動物などに関するあそびも紹介されています。(科学の本っておもしろい第4集の紹介より)
 

はじめに戻る 科学読物研究会のホームへ