科学読物研究会の例会の記録(1) その1(1968〜1990:20年史および会報より)

例会の記録(2)へ

例会の記録(3)へ

例会の記録(4)へ

科学読物研究会のページにもどる

(講師名・指導者名等は敬称略)


  • 1968.10.20
    「湖の一生」について、正村貞治
  • 1968.11.23
    動物の本について、小原秀雄
  • 1969.1.19
    「ジャガイモの花と実」板倉聖宣
  • 1969.2.16
    子どもと科学読物、藤枝澪子
  • 1969.3.23
    「ビアンキの動物記」について、中川宏
  • 1969.4.20
    「数字の本」小川純一郎
  • 1969.6.22
    「よわいかみ つよいかたち」加古里子
  • 1969.10.28
    「月夜のかりうど」松岡達英
  • 1969.11.16
    マンモスの絵本について、たかしよいち
  • 1970.4.19
    「乗り物の本」岩城正夫、池田和夫、真弓幸雄
  • 1970.5.17
    科学読物の歴史、板倉聖宣
  • 1970.9.13
    「理科文庫シリーズ」真船和夫ほか
  • 1970.11.15
    「昆虫の本」矢島稔、得田之久
  • 1971.2.21
    科学辞典について、中坪謙、原正
  • 1971.4.18
    ファーブルの伝記について、中川宏
  • 1971.6.27
    「ひとりでにわく生物はいない」「植物の生態」真船和夫
  • 1971.9.19
    「人間・野口英世について」秋元寿恵夫
  • 1972.5.27
    理科教育と教科書、中川宏、関口敏雄
  • 1972.7.24
    幼年教育と科学読物、近藤薫樹
  • 1972.9.17
    「ぼくらはガリレオ」板倉聖宣
  • 1972.11.26
    加曾利貝塚見学、たかしよいち
  • 1973.3.4
    「アサガオ」佐藤有恒
  • 1973.4.14
    「キチキチバッタとハタオリバッタ」「東はどっち北いずこ」加古里子
  • 1973.5.13
    「ふしぎな石 じしゃく」を使って、名倉弘
  • 1973.9.16
    「スズメの四季」「スズメの世界」小林清之介
  • 1973.10.21
    「日本発掘物語」「古代発掘物語」たかしよいち
  • 1974.3.3
    「先祖をたずねて億万年」「いばるな恐竜ぼくの孫」井尻正二
  • 1974.5.11
    「地図のたのしさ」堀淳一
  • 1974.6.9
    小中学校理科教科書と科学読物、吉村証子
  • 1974.11.1
    「ハチの生活」「ドロバチのあおむしがり」岩田久二雄
  • 1975.2.16
    あかね書房、科学のアルバムの企画者・写真家・編集者と話し合う
  • 1975.10.12
    「かずの本」「ひらがなの本」松井紀子
  • 197512.7
    「ABCの本」「かぞえてみよう」安野光雅
  • 1976.4.18
    「ざっそう」「あしながばち」甲斐信枝
  • 1976.6.20
    図書館員と科学の本、塚原博、荒川弘美
  • 1976.9.19
    母と子の電池あそび、名倉弘
  • 1977.3.13
    平山和子と植物絵本を語る、平山和子
  • 1977.4.16
    足ながごまを作って遊ぼう、小林実
  • 1977.5.15
    「人間の歩み」樹下節
  • 1977.10.16
    「ひとのからだ」毛利子来、帆足次郎
  • 1978.1.22
    「にほんざる」「はなれざるトド」水原洋城
  • 1978.4.3
    「アリの子ツク」「昆虫ってなんだろう」矢島稔
  • 1978.5.14
    「原始時代の火」「原始技術史入門」岩城正夫
  • 1978.10.15
    動物文学について、舟崎克彦、水原洋城
  • 1978.11.12
    科学的な動物画、資料画とはなにか、木村しゅうじ、薮内正幸
  • 1979.2.21
    「宇宙のふしぎ物語」「地球のなぞをさぐる」小森長生
  • 1979.3.28
    木村しゅうじさんと動物の絵をかく、多摩動物公園、木村しゅうじ、水原洋城
  • 1979.11.18
    キノコと子どもの本と、吉見昭一
  • 1980.3.28
    海から陸へ−生物の進化をたどって、読売ランド水族館、浜田隆士
  • 1980.5.18
    科学読物の選び方、与え方、正村貞治、関口敏雄ほか
  • 1980.6.15
    「たんぽぽさいた」小川潔
  • 1980.7.13
    電波望遠鏡でなにがわかるか、三鷹天文台、森本雅樹
  • 1980.8.10
    高尾山の夏キノコをみる、吉見昭一
  • 1980.9.7
    科学実験遊び「わごむのピョン」「かげとひかりのあそび」など、大竹三郎
  • 1980.10.19
    「カニのふしぎ」武田正倫
  • 1980.11.16
    人間活動と自然環境−水そしてゴミ、半谷高久
  • 1981.2.15
    科学漫画について、伊東章夫
  • 1981.5.17
    「凧の本」新坂和男
  • 1981.9.13
    科学読物の歴史、板倉聖宣
  • 1981.10.18
    原発はなぜこわいか-その実態、勝又進ほか
  • 1982.2.21
    いい科学読物とはなにか−体験的科学読物論、杉浦宏
  • 1982.5.9
    「磯辺の生物」武田正倫
  • 1982.6.20
    「恐竜の話」「少年恐竜博物館」小畠郁生
  • 1982.9.26
    科学読物のあり方−科学者と普及者の間で、八杉龍一
  • 1982.11.21
    石器づくり-石を割ってみよう、岩城正夫
  • 1983.2.20
    「オコジョのすむ谷」を語る、増田戻樹
  • 1983.6.19
    民衆に科学を−アメリカの科学読物事情をきく、Symour Simon
  • 1983.11.27
    虫を殺すことは自然観察か『カエルにタバコを吸わせたら』を例に討論、水原洋城
  • 1984.3.31
    東京の自然を探る、正村貞治
  • 1984.4.22
    理科教育における科学読物、真船和夫
  • 1984.6.17
    科学読物と児童文学の接点、水原洋城、岡野薫子、山花郁子
  • 1984.9.9
    日本の宇宙開発の現状、二宮一芳
  • 1985.2.17
    子どもと一緒にバネとあそぶ、名倉弘
  • 1985.5.19
    水であそぶ、小林卓二
  • 1985.6.23
    植物の生活の知恵−食虫植物−、清水清
  • 1985.8.7
    第1回科学読物入門講座
  • 1986.5.18
    カエルの本の読み比べ、種村ひろし
  • 1986.8.8〜9
    星と遺跡のツアー、野辺山宇宙観測所、海部宣男、正村貞治、鈴木将
  • 1986.7.20
    野津田の自然観察、斎藤慎一郎
  • 1986.8.26
    第2回科学読物入門講座
  • 1987.5.10
    ファラデーのモーターの復元実験、小林卓二
  • 1987.6.7
    ニホンザルの本を読む、水原洋城、木村しゅうじ
  • 1987.8.22〜23
    全国交流会、科学読物入門講座・大阪大会、西村寿雄、小林治子ほか
  • 1987.9.6
    アシナガバチを観察する、吉谷昭憲
  • 1987.10.4
    「たのしい気象の実験室」木村龍治
  • 1987.11.8
    ニホンザルの観察会、千葉市動物公園、水原洋城
  • 1988.3.6
    「バイオテクノロジーを考える」川口啓明
  • 1988.7.27〜28
    富士山へ植物と地質の観察ツアー、清水清
  • 1989.1.29
    上野不忍池の水鳥の観察会、小川潔
  • 1989.2.11
    科学読物研究会の創立20周年を祝う会
  • 1989.4.2
    長瀞の岩石観察会、正村貞治
  • 1989.8.6
    アメリカの図書館と博物館で、私が見た子どものための科学遊び、塚原博
  • 1990.5.6
    恐竜展をみる、国立科学博物館、小峯光弘、正村貞治
  • 1990.8.6
    ガスの科学館見学
  • 1990.10.7
    親子でかがく遊び、楽器の科学、繁下和雄
  • 1990.11.11
    ちっともこわくないダニのお話し、皆越洋征